山辺学校

| コメント(0) | トラックバック(0)

yamabegakkou1.jpg

明治18年に松本市里山辺、入山辺両村の村費と寄付により建てられた木造2階建ての校舎です。

旧開智小学校が「ギヤマン学校」と呼ばれたのに対して、山辺学校は障子の窓だったため、「障子学校」と呼ばれていました。

開智学校が大きな借金となったため、素朴な造りになったとのことです。

yamabegakkou2.jpg

yamabegakkou3.jpg

外壁はなまこ壁になっています。(なまこ壁で合ってますよね!?)

yamabegakkou4.jpg

yamabegakkou5.jpg

yamabegakkou6.jpg

yamabegakkou7.jpg

また、当時の暮らしや文化も紹介しています。

↓こちらは、お八日といって2月8日に馬の形をした藁のつくりものを作り、これを疫病神に見立てて焼き払ったりします。

yamabegakkou8.jpg

yamabegakkou9.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/2092

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年12月 9日 08:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「金沢へ その2」です。

次の記事は「カラマツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。