kaidankouoseose1.jpg

牛伏川の階段工、何度来ても美しいですね。

大正時代の砂防施設。。。。

kaidankouoseose2.jpg

前も上流のたくさんの施設を回りたいと書いたことがありますが、実現できていません。

どうしてもクマが怖いんですよね。

いつか回れますように。。。。

kaidankouoseose4.jpg

お城の石垣好きな私は、↓この石組みも好きですね。。

kaidankouoseose5.jpg

階段工の下流も石敷が続いています。

kaidankouoseose6.jpg

 

asagimadaraitayp1.jpg

牛伏寺をあとにして石段を下りたところにあるお堂の周りをチョウが飛んでいました。

よく見るとアサギマダラです。

先月、富士見パノラマで初めて見かけて、とってもラッキーだと思ったのですが、こんな森の中で出会えるなんて!!

あさぎ色の羽が美しいです。大きさはアゲハチョウより一回り小さいくらいです。

2匹いて、なぜかお堂の周辺にいます。私が写真を撮ろうとお堂のところにずっといたら、手にとまりました。

びっくりでした。

これからの時期は渡りをはじめ、九州・沖縄・台湾へ移動するんでしょうね。

asagimadaraitayp2.jpg

 

 

牛伏寺

| コメント(0) | トラックバック(0)

gohukujikotosimo1.jpg

さてさて、筑摩三十三ヶ所観音霊場 第9番礼所の牛伏寺さんです。

入り口手前のこの石段好きです。

gohukujikotosimo2.jpg

gohukujikotosimo3.jpg

本堂は茅葺です。なかなか今どきないですよね。

私たちのほかに2組来てらっしゃいました。

gohukujikotosimo4.jpg

gohukujikotosimo5.jpg

gohukujikotosimo6.jpg

gohukujikotosimo7.jpg

円城寺

| コメント(0) | トラックバック(0)

ennjyouji1.jpg

さて、先日の筑摩三十三ヶ所観音霊場の続きを訪ねました。

第8番札所 中山の円城寺です。すでに廃寺でしたが、建物などはそのまま残っています。

ennjyouji2.jpg

非常に小さな”つくり”です。元々は尼寺だったかもしれません。

ennjyouji3.jpg

参道入り口に夜泣き封じのお地蔵さんがありましたが、だいぶ浸食がすすんでいました。

ennjyouji5.jpg

ennjyouji4.jpg

 

soraimaiti1.jpg

13日、日曜日、、、午前中は雨でした。

お昼過ぎに徐々に明るくなってきたときの様子。。。。山に掛かった雲の様子も面白いです。

soraimaiti2.jpg

どこを走っても蕎麦の花が咲いています。

田んぼも色づいてきて、稲刈りが始まりました。

soraimaiti3.jpg

tokomaninotaki1.jpg

さあ、今度は滝を目指します。

滝までの距離は出てなかったので不安でしたが、平垂から200ⅿくらいで入り口がありました。

tokomaninotaki2.jpg

これまた見事な滝です。

滝つぼまで行きたいなぁ。。。。おっと、右側にたどっていけるように鎖があるではありませんか。

足元が狭いのでなかなかスリルがありますが、子供のころから慣れているせいか無事にたどりつけました。

tokomaninotaki4.jpg

滝の新規開拓ができました。

涼しくて気持ちいいし、だーれもいないのでちょっとスリルもありましたが、楽しかったです。

tokomaninotaki3.jpg

yukamamidese1.jpg

蕎麦屋さんの帰りに、水木沢天然林に行こうと思ったら、昨年の大雨の影響で土砂崩れがあり、まだ不通になっていて行くことができませんでした。

↑そんな時にこの看板を見つけ、どんなところだろうと向かってみました。

数キロ奥に進んだところ、おやおや?ここから天然林にも行けるんですね。

yukamamidese10.jpg

しかし、道の舗装もなくなり、この先怪しい感じになってきたので、車を置いて歩くことにしました。

300ⅿなら歩けるし。。。。

yukamamidese2.jpg

どんなものかわかりませんでしたが、たどりついてみると、なんと1枚岩の川底が続いています。

あとから調べたら200ⅿほどあるようです。

巨大な1枚岩ということですね。

いいですねー。こうゆう川好きですね。

yukamamidese3.jpg

yukamamidese4.jpg

yukamamidese5.jpg

 

sobakappouennmusubi1.jpg

昨日紹介した「縁結び神社」から少し下った場所にそば割烹 縁結びがあります。

前に来たときはとっても混んでいて大変でしたが、コロナの影響で観光客の姿もなく、この日は地元の顔見知りのようなお客様がメインだったようです。

お蕎麦と言えば天ざるです。。。。。

sobakappouennmusubi2.jpg

おぉ、美しい天ぷらです。種類も豊富でいいですね♬

sobakappouennmusubi3.jpg

窓際の席で、外を眺めながらいただきました。

sobakappouennmusubi4.jpg

おっと、海苔はいらないかなぁ。次回は注文時に断ろう。。。。。

sobakappouennmusubi5.jpg

enmusubijinjyaaaaa1.jpg

木祖村にある縁結神社です。

森の中にある小さな神社ですが、良縁を呼ぶパワースポットとして有名になったらしいです。

その噂を聞いて、行ってみました。

バスも入れる大きな駐車場ができていました。

ツアーで寄るようになったようですが、コロナで今は人がいませんでした。

enmusubijinjyaaaaa2.jpg

こんな山道を登ります。

すると森の中に小さなお社がひっそりとあります。

今回はホント静かでした。。。。。。人との良いつながりがありますように。

enmusubijinjyaaaaa3.jpg

enmusubijinjyaaaaa4.jpg

enmusubijinjyaaaaa6.jpg

enmusubijinjyaaaaa5.jpg

sobaasahiatti1.jpg

そばの花の季節です。

あちこちで咲いてますね。

白い花が風に揺れてました。

 

そういえば、以前は毎年見に行っていた箕輪の赤そばの里ですが、この頃行ってなかったので検索してみました。

今年はコロナの関係で、栽培自体を中止してるそうです。

こんな時期なので仕方ないですね。

sobaasahiatti2.jpg

sobaasahiatti3.jpg

sobaasahiatti4.jpg

カテゴリ

ウェブページ

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。

最近のコメント

アイテム

  • kaidankouoseose6.jpg
  • kaidankouoseose5.jpg
  • kaidankouoseose4.jpg
  • kaidankouoseose2.jpg
  • kaidankouoseose1.jpg
  • asagimadaraitayp2.jpg
  • asagimadaraitayp1.jpg
  • gohukujikotosimo7.jpg
  • gohukujikotosimo6.jpg
  • gohukujikotosimo5.jpg