探検

| コメント(0) | トラックバック(0)

boukennhe1.jpg

友人の家がある梨の木という地域から、実家のある小曽部という地域に抜ける山道があるというので、友人と2人で行ってみました。

山道は狭く舗装もされていないし、凸凹しているところもあり、普通乗用車だとキツイので軽トラックです。

結構進むと池があります。水芭蕉が群生しており、今年の地元紙に掲載されてました。

1,000株ほどあるそうです。

でも、初めての人はなかなかここまでたどり着けないようです。

また、花の時期に見に来たいものです。

boukennhe3.jpg

池の横には、建物があります。

地域の皆さんで、バーベキューなどもでき、宿泊できる施設だそうですが、年月が経ち今はもうほとんど使われていないようでした。

boukennhe2.jpg

boukennhe4.jpg

そして、少し離れたところに、学成神社がありました。

森の中にひっそりと建っています。

boukennhe5.jpg

boukennhe6.jpg

あとで、父に聞いたのですが、昭和16年に私の母校の小学校で建てたものだそうです。

周囲の草も刈り取られ、きれいにしてあり、長い間地域の皆さんに大事にされているんだな・・・と感じました。

boukennhe8.jpg

この後、森の中の道をずーっと行きました。

どこへ抜けるのかと思いましたが、なんと私が通った保育園の裏でした。

そういえば。。。。保育園の散歩はこの道を入った山の中だったことを思い出しました。

ずいぶん身近ですが、再発見もあった探検でした。

boukennhe11.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1651

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。

この記事について

このページは、りりこが2020年7月 7日 10:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「」です。

次の記事は「小曽部巡り1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。