商品開発部 商品開発課

若井 彩子   Ayako Wakai

2000年入社 家政学部卒

PROFILE

市販用や業務用などの商品開発を担当。これまで2度の産休・育児休業を取得し、現在は時短勤務中。だからこそ、時間を効率的に利用できるよう、常に優先順位を付けて物事に取り組む。自身の子どもから「ママの会社の商品おいしいね。」と言われるよう商品開発に日々奮闘中。

ナガノトマトに入社した理由を教えて
ください

様々な食品メーカーを見る中で、アットホームな雰囲気と豊かな自然に惹かれ入社を決めました。

現在担当している仕事の内容を教えて
ください

市販用や業務用などの商品の開発をしています。中身の味づくりから始まり、原価試算、安全性の検証、商品のパッケージの表示作成など工場での製造に引き渡すまでを行っています。既にある商品のメンテナンスも行うなど、多岐に渡る業務を行っています。社内外の様々な人の協力がないと難しい業務が多いため、入社以来、工場での品質管理やお客様相談室などの部署を経験した経歴は、他部門との関わりが多い開発業務の役にたっています。

家庭と仕事はどうやって両立されて
いますか?

これまで2度産休・育児休業を取得し、現在は時短勤務中です。とにかく、家でも会社でも効率的に動くことを常にに考え、限られた時間の中で何を優先して行うか、空いた時間に何ができるかを考え取り組んでいます。子供もまだ小さくよく病気をしたり等、物事が計画通りに進められない事が多々あり、急な欠勤や早退が発生することもあります。ただ、会社や上司そして同僚の協力もあり、業務が滞ることがないよう日頃から仕事の進捗報告を始め、共有化することを心掛けています。

やりがいや楽しいと感じる瞬間は
どんなときですか

ひとつの商品を作り上げるには、何年経っても一人でできるわけではないため、分からない事や迷ったときは、先輩や同僚、関係部署の人に相談して進めています。ときにはお叱りを受けたり、壁にぶつかることもあります。そういうときこそチームワークでアイディアを出し合い、壁を乗り越えたときには達成感を感じます。また商品化できた時のものづくりの楽しさは次へのモチベーションにも繋がっています。

ナガノトマトでの今後の目標や
チャレンジしたいことはどんなことですか

子どもから「ママの会社の商品おいしいね。すごいね。」と言われるような商品を開発していきたいと思っています。そしてそれが、お客様や社員、みんなが喜び、感動する商品につながれば嬉しいです。それがどれだけ難しいことか、年数を重ねると実感していますが、きっと実現できると、日々奮闘しています。

先輩社員の声