諏訪湖の夜明け

| コメント(2) | トラックバック(0)

yoakekotosihakitayo1.jpg

日の出を見に岡谷の釜口水門へ。。。。

ここからの八ヶ岳と柳の木のシルエットがお気に入り。

本当はちょっと着くのが遅れました。塩尻峠の頂上で車を運転しながら見た朝焼けがピークでした。

あと10分くらい早く着くべきでした。

でも、なかなかきれいでしたよ。

この時は薄く氷がはっています。ところどころ凍っていない場所があり、水鳥が休んでいました。

yoakekotosihakitayo2.jpg

yoakekotosihakitayo3.jpg

そして、日の出です。

色が刻々と変わっています。

そして湖霧が燃えるような色合いで美しかったです。

yoakekotosihakitayo4.jpg

yoakekotosihakitayo5.jpg

yoakekotosihakitayo6.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/2148

コメント(2)

こんにちは!
この風景はこの時期の早起きして外にでる、ましてや塩嶺を越えて諏訪湖畔、というちょっと頑張らないと見れない貴重なものですね。
諏訪の出身者としてコメントせずにはいられなくなりました。昔父親に連れていってもらったワカサギ釣りのときの寒さを思い出します。あの寒さは今でも体が覚えています。寒い!
そして、それにもまして日中の鈍色の諏訪湖を違い、諏訪湖の神々しさを感じます。

たかさん、こんにちは!!
返信が遅くなりました。失礼しました。
釜口水門からの諏訪湖の眺めが大好きです。
この日は、塩尻峠の頂上を超えた瞬間に鮮やかな朝焼けになっていました。「早くしないと間に合わない!!!」と焦りながら運転していました。
もう10分早く釜口水門に着きたかったです。

ワカサギ釣りの思い出いいですね。諏訪ご出身ならではのエピソードですね。
釜口水門では多くの方が並んでワカサギ釣りをしているのを見かけますが、この日はまったくいませんでした。ワカサギが減っているとの話も聞いていますが、釣っているのを眺めるのも結構好きなんですが、寂しい限りです。

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2022年1月24日 09:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「夕暮れ」です。

次の記事は「朝日に照らされた渡り鳥」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。