お六櫛

| コメント(0) | トラックバック(0)

orokugusidesse1.jpg

木祖村にお六櫛という手作業で作っているとても目が細かい櫛があります。

母がぜひ欲しいというので買いに行きました。

道の駅だといろいろ揃っていたはず。。。。と思ったら、やはり数人の職人さんの櫛が並んでいました。

大きなものや櫛の目の細かさによって値段が違います。

orokugusidesse3.jpg

サンプルがあるので、実際に手に取ることができます。

同じ大きさでも、職人さんによって持った感じが異なるんです。

今回、手に持った時にしっくりする職人さんの櫛を購入することにしました。

orokugusidesse2.jpg

それぞれの職人さんの写真が貼られていました。そちらから、購入した櫛の職人さんの写真をさらに撮影。。。

orokugusidesse4.jpg

orokugusidesse5.jpg

目が細か~い!!!

orokugusidesse6.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/2134

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2022年1月12日 09:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「冬の深妙寺」です。

次の記事は「諏訪大社 下社 秋宮」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。