貞享義民記念館

| コメント(0) | トラックバック(0)

giminnkinenn1.jpg

以前より行きたかった貞享義民記念館へ行ってきました。

1686年(貞享3年)に松本藩で発生した百姓一揆について知ることのできる記念館です。

貞享騒動とか、中心となった多田加助の名前から加助騒動とも呼ばれています。

この年、作柄が不作で、現在の安曇野市の元庄屋の多田加助ら11人が農民の窮状を救うため、松本の奉行所へ訴状を提出しようとしたところ、そのことを知った農民1万人が松本城に押し寄せたそうです。

百姓側の要求を飲むと約束し帰らせたが、その後捕縛され加助に至っては家族ともども処世されました。

ぜひ、皆さんにも知っていただきたい内容です。

giminnkinenn2.jpg

giminnkinenn6.jpg

近くに加助のお墓がある横は加助神社になっています。

giminnkinenn3.jpg

giminnkinenn4.jpg

そして神社の裏は屋敷跡です。

giminnkinenn5.jpg

giminnkinenn7.jpg

こちらの記念館、庭がなかなかキレイです。

お散歩にもいい感じでした。

giminnkinenn8.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1989

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年7月28日 08:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「開運堂にて。。。」です。

次の記事は「日本の田んぼは美しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。