駒ケ根 花めぐり 1

| コメント(0) | トラックバック(0)

sumiyosiuenoie1.jpg

駒ケ根の中沢地区、2年ぶりです。

大好きな花桃はこの地域の様子が一番好きです。

だんだんと植えているお宅が増えてきて、村中が花桃であふれています。

この場所も左に見えている1件のお宅です。

以前は果樹か何かをやっていたんでしょうか。斜面一面をすべて花桃にしたようですね。

sumiyosiuenoie2.jpg

sumiyosiuenoie3.jpg

ここまで来る道の両側も、田んぼの畔も花桃が植えられています。

やっぱり花桃はいいなぁ。

sumiyosiuenoie5.jpg

そして一番最初に植えた「すみよしや」さんの周辺。

sumiyosiuenoie7.jpg

川と橋がいいんですよね。

sumiyosiuenoie6.jpg

花桃の木は20年くらいで、桜のように長い間はもたないようです。

徐々に花付きも悪くなって枯れてきている枝も見られるようになってきました。

それでも、このたくさんの木を1人で植えたというのはすごいですね。

sumiyosiuenoie8.jpg

sumiyosiuenoie4.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1906

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年4月20日 08:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「テイクアウト」です。

次の記事は「駒ケ根 花めぐり2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。