諏訪市博物館

| コメント(0) | トラックバック(0)

suwahakubutukan1.jpg

信州は月遅れのひな祭りですが、諏訪大社上社本宮の前にある諏訪市博物館で行われている「諏訪に伝わるおひなさま」を見に行ってきました。

撮影はロビーだけなのであしからず。。。

suwahakubutukan2.jpg

↓こちらは御柱のコーナー。やはり諏訪と言えば諏訪大社と御柱ですね。

suwahakubutukan3.jpg

おひな様は撮影できないので、パンフレットを。。。

実はこの写真のおひな様はすごいんです。

高島藩8代藩主諏訪忠恕の正室の清昌院(松平定信の娘)が輿入れの際に持ってきたものだそうです。

国内最大級の大きさ、高さ51㎝もあります。

とても豪華で美しいおひな様です。

また五人囃子ではなくて7人なのも特徴的です。

4月4日まで開催されているので、良かったら行ってみてください。

suwahakubutukan4.jpg

おまけ。。。博物館から少し歩いたところに千躰仏地蔵堂があります。

ただ、説明書きもなく歴史がよくわからないんですよね。

お地蔵さまと観音様がたくさん並んでいました。

suwahakubutukan5.jpg

suwahakubutukan6.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1878

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年3月26日 08:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「高遠寺巡り③ 蓮華寺」です。

次の記事は「車山テラス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。