荒神山公園散策2

| コメント(0) | トラックバック(0)

satekorehanadesuka1.jpg

辰野美術館建物の左側を奥に進んでいくと、木々の中に小さな建物が、、、、、

画家の母袋俊也さんの「絵画のための見晴らし小屋」2006年作です。

1990年代後半より全国にいくつか設置されています。

中の窓から見ると、切り取られた風景が絵画として鑑賞できるというもの。

satekorehanadesuka2.jpg

窓はいくつかありますが、木が成長してしまい本来の姿ではなくなってしまっているそうです。それに建物もだいぶ傷んできてますね。

satekorehanadesuka3.jpg

また、美術館から池の間の芝生横に工事している場所があったので見てみると赤羽焼かまと書いてあります。

説明書きによると、、、赤羽焼きは1865年に創業、製糸工業の隆盛により陶製の繰糸鍋を製造していたとのことです。

しかし、製糸業の衰退ともに戦後に廃業しました。

satekorehanadesuka5.jpg

とても大きな釜でしたが、昭和44年に中央自動車道建設により壊されることになり、保存活動が行われ、この場所に移転復元されました。

元の釜は全長27メートル、幅7メートル 11段あったそうですが、あまりに巨大なためその内の5段を移転したようです、

satekorehanadesuka4.jpg

5段でもかなり大きいですね。修繕してきれいになりました。

satekorehanadesuka6.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1858

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年3月 5日 10:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「荒神山公園散策1」です。

次の記事は「諏訪寺巡り① 地蔵寺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。