法華寺~散策

| コメント(0) | トラックバック(0)

hekkejikarano1.jpg

諏訪大社の隣の法華寺さんへ。。。

ここへ来ると吉良義周公のお墓に行きます。

吉良家の養子で赤穂浪士の討ち入りの際には17歳。。。その場にいたようです。

幕府にから当日の対応に対する「仕方不届」で高島藩へ預けられ幽閉となりました。

その時の随行は2名だけだったそうです。

その後、わずか21歳で病気で亡くなり、吉良家は断絶となりました。

なんともやるせない短い人生を送られたことを考えると、お墓でいつも手を合わせます。

hekkejikarano2.jpg

hekkejikarano3.jpg

hekkejikarano4.jpg

そして、明治の廃仏毀釈で廃寺となった辺りを散策しました。

たくさんのお寺があったんですよねー。

hekkejikarano5.jpg

hekkejikarano6.jpg

hekkejikarano7.jpg

五本杉。1本は落雷で燃えてしまったようで、今は4本。

樹齢380年ほどだそうです。

hekkejikarano8.jpg

おそらくこのままずーっと行くと前宮まで森の中の道が続いていると思われます。

鎌倉道でしたっけ?季節が良い頃、ずーっと歩いてみるのも良いかも。。。ですね。

おまけ。。。。

実家からの帰り道。月がきれいだったので。

tukitukiomake1.jpg

tukitukiomake2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1809

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2021年1月 8日 09:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「諏訪大社 本宮の新年」です。

次の記事は「諏訪湖の冬風景」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。