松本美術館 ミュシャ展

| コメント(0) | トラックバック(0)

misyasya1.jpg

松本美術館で11月29日まで開催されている、「みんなのミュシャ」展へ行ってきました。

ミュシャは以前も六本木の森美術館まで見に行ったことがあります。

週末の美術館は混んで開場時間に行っても駐車場に停められないので、張り切ってオープン時間の40分前に着いたら・・・だーれもいませんでした。そのうちに来場者がどんどん来ましたが以前のようには混んでなく、コロナの影響がこんなところにもあるんだな。。。と思いました。

misyasya4.jpg

misyasya2.jpg

misyasya3.jpg

ミュシャはやっぱり好きだなぁ。。。と改めて感じました。

しかし、それより感動したのはミュシャに影響を受けたとされるマンガ家さんの展示があったこと。。。。。実は自宅のリフォーム時に床を補強して特注で本棚を設置して漫画部屋を作ったんです。。。。特に大好きな波津彬子さん!!!そして水野英子、山岸涼子といったビックな漫画家さんの原画を見ることができて嬉しかったです。

misyasya5.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1769

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2020年11月17日 10:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「信州スカイパーク その後」です。

次の記事は「奈良井大橋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。