旧林家住宅 その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

kuiihayasikejyuutaku1.jpg

岡谷駅そばの重要文化財 旧林家住宅へ行ってきました。

明治時代製糸業発展の元を築いた林国蔵の家です。

片倉兼太郎、尾沢金左衛門とともに明治12年に開明社を結成し、共同出荷、糸質の改良を図り、岡谷の製糸業発展の基を築いた三大製糸家の1人です。

当時のガラスのままだそうです。少しガラスがゆがんでいました。

kuiihayasikejyuutaku2.jpg

kuiihayasikejyuutaku3.jpg

家の中には彫工 清水好古斎の彫刻があちらこちらにあり、興味をそそります。

kuiihayasikejyuutaku4.jpg

kuiihayasikejyuutaku5.jpg

↓森の動物たちを彫った欄間(欄間としては斬新な構図だと感じました)

kuiihayasikejyuutaku6.jpg

kuiihayasikejyuutaku7.jpg

kuiihayasikejyuutaku8.jpg

おまけ。。。ふすまの取手部分・・・部屋によってみんな違う。。。すばらしい!!

kuiihayasikejyuutaku9.jpg kuiihayasikejyuutaku99.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/1210

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2019年1月24日 13:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スパイス講座」です。

次の記事は「旧林家住宅 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。