木曽馬の里

| コメント(4) | トラックバック(0)

CIMG9978.JPG

木曽馬の里・・・から・・・・わーい!木曽馬の親子がいました~!!

出会えるタイミングはあまりないので、ラッキーでした。

↓三九郎かな!?ちょっといい感じですね。

CIMG9983.JPG

そして、シンボルのコナラの木。弱っているみたいなので、ちょっと心配です。

CIMG9988.JPG

CIMG9973.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/291

コメント(4)

懐かしいですね、木曽馬の里。何年前に行ったのか思い出せないけど、この風景ははっきりと思い出せます。それに美味しかった『おそば』も!

木曽馬ですか!春や秋には行ったことがありますが、冬は行ったとこがないですね。
今年はあまり雪もないのでしょうか?
母親の実家も開田村(今は木曽町ですか?)で私が小さい頃母親の実家に泊まった時、台所の向こうに馬小屋があり確か木曽馬?が2頭いたのを今でも覚えています。
同じ屋根の下にいることにびっくりぽんした様に記憶しています。
今年もよろしくお願いします。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。

この記事について

このページは、りりこが2016年1月 8日 11:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「御嶽山 」です。

次の記事は「夕暮れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。