夏を迎えた御嶽山

| コメント(0)

onntakeonntanntanntannn1.jpg
8月を迎えた御嶽山です。昨年の災害における不明者の捜索が先週終了しました。
正直 こちらに掲載することには、複雑な思いがあります。
しかし、麓では人々の生活は山と共にあり、日々営まれているわけで、御嶽山は変わることなくそこにあり続けるです。信州の今を伝え続けている私としては、現在の様子そのものを変わることなく掲載していこうと考えています。
↑開田村より・・・
onntakeonntanntanntannn2.jpg
↓地蔵峠から・・・
onntakeonntanntanntannn3.jpg

onntakeonntanntanntannn4.jpg

onntakeonntanntanntannn5.jpg
開田村の緑はキレイでした。
onntakeonntanntanntannn6.jpg

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2015年8月10日 18:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「夏雲」です。

次の記事は「木曽馬の里より・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。