奥穂高ロープウェイ

| コメント(0)

nishotakakireidae0.jpg
奥飛騨の奥穂高ロープウェイに行ってきました。
雪が残る時期に行ってみたいな~と常々思っていたのですが、朝お天気が良かったので、思い切って出掛けました。
奥穂高ロープウェイは2階建になっています。さすがにこの時期は空いていました。
nishotakakireidae2.jpg
到着駅周辺は、雪がまだたくさん残っており、水芭蕉やふきのとうの時期でした。
nishotakakireidae21.jpg

nishotakakireidae22.jpg
↓右側は一番近くで見ることができる西穂高岳!!!
望遠鏡で見ると、登山している人がたくさんいました。ちなみに、この駅から山頂までは6時間だそうです。
nishotakakireidae1.jpg
一番左が人気の槍ヶ岳です。
nishotakakireidae23.jpg

nishotakakireidae3.jpg
↓活火山 焼岳です。今日は煙は見えませんでした。
nishotakakireidae4.jpg
雪のため、駅周辺はほとんど散策もできませんでしたが、屋上の展望台で眺めていると飽きないんですよね。おにぎりを持って行って、ベンチで眺めながらお昼を食べてました。
いやー、本当に気持ち良かったです。
nishotakakireidae5.jpg

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2015年6月 3日 11:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「乗鞍 ドングリの森」です。

次の記事は「大鹿村の緑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。