三州足助屋敷

| コメント(0)

asukemura1.jpg
昨日に引き続き・・・・香嵐渓のそばに三州足屋敷があります。
こちらは、昔の生活を今に伝え、敷地内の建物で機織り・わら細工・傘貼り・桶屋・紙漉き・藍染・篭屋・炭焼き・鍛冶屋・木地屋といった作業を行い、手仕事の技術の伝承を行っています。
いやー、梅やボケなどの花々が咲き、日差しも穏やか・・・・のんびりしました!!
asukemura2.jpg

asukemura3.jpg

asukemura4.jpg

asukemura5.jpg

asukemura6.jpg

asukemura7.jpg
敷地内の豆腐料理のお店でお昼・・・・・川沿いの席で、風に吹かれながらの食事は、とても良かったです。
asukemura8.jpg

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2015年3月31日 17:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「うす紫色のカタクリ」です。

次の記事は「町散策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。