見事な縄文文化!

| コメント(0)

tinohakubutukan1.jpg

尖石縄文考古館
尖石(とがりいし)遺跡の出土品をはじめ、縄文時代の土偶「縄文のビーナス」と土偶「仮面の女神」など、八ヶ岳山麓の縄文遺跡から発掘された2000点余りの出土品が並んでいます。
2つの土偶は国宝!!昨年は東京国立博物館の「日本国宝展」に出張していて、年末に帰ってきたところです。
この地域に、見事な縄文文化が花開いたんですね。
出土した様子も紹介されていて、非常に興味深いですよ!!
また、こちらの出土品の模様や形は、非常に繊細で芸術家の作品のようです。
とっても素晴らしいので、ぜひ一度見ていただきたいと思います。
tinohakubutukan2.jpg

tinohakubutukan3.jpg

tinohakubutukan4.jpg

tinohakubutukan5.jpg

tinohakubutukan6.jpg

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2015年2月18日 18:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「本山のお蕎麦」です。

次の記事は「鎖川と周囲の山々」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。