富岡製糸場

| コメント(0)

tomiokaseisi1.jpg
世界遺産に登録された富岡製糸場に行ってきました。
人は多いものの、寒い時期のせいか、少し落ち着いていたように思います。
松本にも片倉工業の製糸場があったんですよね。
友人のお父さんが片倉にお勤めで、敷地内に家があったので、当時はすでに閉鎖された工場のなかを歩いて友人宅に行った思い出があります。ただ、私が歩いた工場が製糸場だったのかは記憶が定かではありませんが・・・・
富岡製糸場は敷地も広く奇麗でした。
これほどの建物をいままで維持してきたことに拍手です。
tomiokaseisi2.jpg

tomiokaseisi3.jpg

tomiokaseisi4.jpg

tomiokaseisi5.jpg

tomiokaseisi6.jpg

tomiokaseisi7.jpg

tomiokaseisi8.jpg

tomiokaseisi9.jpg

コメントする

この記事について

このページは、りりこが2015年1月15日 09:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「諏訪湖の夕暮れ」です。

次の記事は「上州かつ丼」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。