ひな祭り

| コメント(2) | トラックバック(0)

tatunomonoboni1.jpg

さてさて、本日の更新2件目。

信州は月遅れなので、4月3日なのですが、3月にお祝いをする家庭も増えてきたように思います。

さて、恒例の辰野美術館のひな祭り飾りを見に行きました。

皆さんが毎年苦心している変わり雛がお気に入り。

tatunomonoboni2.jpg

↑ひふみんと藤井六段

↓お年寄りもスマホを使いこなしている(確かに!うちの母も81歳ですが、LINEでひ孫の様子見てますもん。)

tatunomonoboni3.jpg

tatunomonoboni4.jpg

↑花咲じいさん ↓お針仕事

tatunomonoboni5.jpg

↓土偶のおひな様

tatunomonoboni6.jpg

今泉雪恵さんの押絵

tatunomonoboni7.jpg

tatunomonoboni8.jpg

そして今年も可愛い保育園児のおひな様。

tatunomonoboni91.jpg

パークホテルの吊るし雛

tatunomonoboni92.jpg

tatunomonoboni93.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.naganotomato.jp/cmt/mt-tb.cgi/958

コメント(2)

雛祭りは女の子のお祭りですから華やかさがありますね、吊るし雛はこちらではあまり見かけませんでしたが、最近手作りする家庭が見られるようになりました。

ところで「馬場家住宅」のイベントですが、4月8日まで『古民家で楽しむひな祭り~押絵雛~』が開かれています、4月3日には甘酒のサービスもあります(無くなり次第終了)時間が作れましたら出かけてみては如何ですか。

吊るし雛は可愛いですよね。たくさんまとめて飾るといいですけど、買おうとするとすっごく高い!!!作るのはありですね。
馬場家のイベントいいですね。今週か来週末行ってみようかなぁ。初めて中へ入るのも楽しそう!!

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンラインショップ

長野県塩尻市の山間の村にある「興龍寺」というお寺に生まれました。
小学校へは1時間ほど歩いて通ってましたが、毎日まっすぐ帰ることはありませんでした。自然に恵まれていたので、近くの山を越えたり、湖を1周したり、カブトムシを捕りに行ったり、川や田んぼで遊んだり…ともかく毎日、違う経路で遊びながら帰っていました。
その当時はあまり感じていませんでしたが、今は信州の四季折々の自然の美しさを実感しています。
そこで、私が感じた信州の自然の素晴らしさを、随時お伝えしていきたいと思います。

この記事について

このページは、りりこが2018年3月 5日 16:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「始まりました!」です。

次の記事は「春を探して」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。